07≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告】 | top↑
継ぎ接ぎ(パッチワーク)
私の趣味の一つに、手芸があります。
その中で、パッチワークと言うのがありますが、
昔、まだ結婚する前に、お店にパッチワークの商品が並んでいたのを見たことがありました。
自分が、これを作ろうと思う大分前の事です。

皆さんは、パッチワークと言うとどう言うイメージをお持ちでしょうか?

それぞれの立場によって、全然イメージも意味も、そしてその重要性も違ってくると思います。
それは、どんなものでも同じことだと思うのですが。

その時分の私は、パッチワークはとても時分にとって価値の低い存在でした。
継ぎ接ぎ
まさにそのとおりだったのです。
時分にとって、こんなに大事な物になるとは思わずに・・

パッチワークの歴史も、そこから来ているのですから、
それはそのとおりなのですが、現在のパッチワークキルトと言うと、
わざわざ布を選び、買いそろえ、デザインを作り。
一つの芸術品として創られていきます。

それは、その昔、洋服やシーツの使用後や粉袋や、タバコのおまけのタグ布を接ぎ合わせたそれとは、また別の物になっていますが。
今では、そのような生活の手段の一つとして生まれた、キルトたちも、アンティークとして、珍重され、非常に高価な取引をされています。
それは、大事な資料でもあり、昔の人々の手作業の素晴らしさや、暮らしぶりを現在まで語ってくれるようでもあります。

何度か、そんなアンティークキルトを見せていただいたことがありますが、
それは細かい布や、針さばき。
観るほどに感動しました。

私が最初に、このパッチワークキルトに触れたのは・・結婚してからだったでしょうか・・
まだ子どもが生まれる前。
キャシー中島さんの出された「ハローマイパッチワーク」(鎌倉書房)と言う本でした。
081006-164054.jpg

表紙に写された、そのキルトに見せられて、これ創って見たいなと思ったのが始まりでした。
ベットカバーサイズの大きなキルトを、いまだに作れない私ですので、その頃作れるすべもなく、結局その一つのモチーフを自分なりに工夫し、クッションカバーにして、使い倒し、ボロボロになりました。
今でもそのボロボロのクッションカバーは、押入れの中に眠っています。
この中から、ポーチなども創って見ました。
キャシーさんの作品は、色合いも明るくて、楽しそうで私にとてもあっていたのです。
それから、私はパッチワーク、そして、ハワイアンキルトなど、キルトの魅力のとりこになりました。

時分で、いざ作ると、その繊細さ、大変さ貴重さ。
とても良く分かります。
今は、ミシンワークもありますが、私はやはり手縫いの方が優しさが出て好きです。

日本でも昔から、あった継ぎ接ぎなど、先人の知恵と工夫、そして芸術と技術が楽しく活かされて、今もこうして残っていることを嬉しいなと思います。

なので、私のキルトは作ったら使う。
それが基本にして行けたらいいなと思います。
どなたかに師事した事はありませんので、本を見ながらまったくの自己流です。
せめて、一度はサンプラーズキルトを・・と思ってます。
観て癒され、作って嬉しく、喜んで貰うとさらに嬉しい。
植物や、料理、音楽などもそうですが、
何かが出来ていく、その過程に携わることは本当に素敵だと思います。



プチっと励みの一押しよろしく~~~!押してくださるすてきなあなたに(^人^)感謝♪
【人気ブログランキング】

【FC2 Blog Ranking】
ありがとう~~~(・∀・)♪
スポンサーサイト
テーマ:ぷち☆ミカチの気まぐれ日記 - ジャンル:ブログ
本・音楽・手芸トラックバック(0) | コメント(2) | top↑
<<手前味噌ですが・・出来ました♪ | ホーム | 大家族>>
v-285
TO:kazuyoo60さん
ありがとう♪
そうですね、洋裁のあまった布やなどを使う前には、着れなくなった洋服などで作ったりして、カバーなどに使っていたのが始まりと聞いています。
と言っても日本でも、布団などにも、着物のあまり布などを使って、作っていたようですものね。
老眼・・・私も針に糸を通すのが、大変ですが、今は便利な機械もあります。
小さな小物や、ちょっとしたバックなど、作って使えると楽しいですよ。
是非、挑戦して見てください。
私ものんびりのんびりやってるんです。
なにせ、9年もかかったものもありますから・・(;^ω^)
【2008/10/06 17:22】URL | ぷち*TO:kazuyoo60さん #4kI1SnbY[ 編集]
キルト本来は小さな布も使い切るから始まったのでしょう。わざわざ新しい布を切って繋いでと思う部分も心のどこかにありますが、この素晴らしい手仕事、良く頑張ってなさるなといつも感心しています。
使うためのキルトなら、老眼鏡の私も機会があればと--、それがいつかはまだ決めていませんが。
【2008/10/06 17:10】URL | kazuyoo60 #-[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する
トラックバックURL
http://putimikachi.blog11.fc2.com/tb.php/694-de2f335c
| ホーム |
オメデト(^_^)∠※PAN!
きょう、お誕生日・記念日のあなたへ (^○^)お!(^□^)め!(^◇^)で!(^▽^)と!(^・^)う!

ブロとも申請フォーム
プロフィール

ぷち☆ミカチ

  • Author:ぷち☆ミカチ
  • こちら見れない方は携帯版
    モブログここクリック
    を見てね!

     **************

    HPは削除しました。
    リンクしてくださった方々、申し訳ありませんが、削除お願いします。
    また、作る機会がありましたら、ごあいさつに伺います。
    その時はどうぞよろしくお願いいたします。
     **************


    ぷち(インドネシア語で白)とか
    みかち(家族の名前の合体名)とか
    よばれているわたしは多趣味、
    食いしんぼ?とりあえず主婦?
    そうじは大の苦手!!
    病気と付き合いながら
    3人のこぶたちゃん娘
    (上のティーポットの絵そっくり!
    )不登校いろんな出来事と毎日わいわい、
    そして優しく時には厳しい旦那と
    一喜一憂、楽しく暮らしてます。
    そんな私の日常。
    一緒に楽しんでみませんか?

     **************
最近の記事+コメント
ブロとも一覧
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
♪これも見てね♪
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。